HOME  > パブリックリソース財団とは:事業内容
事業内容

1 資金等を募り、管理・活用する事業

寄付基金の運営による継続的な寄付の推進

財団が設定したテーマ基金今ある基金を見る

パブリックリソース財団として、今取り組むべきと考える社会課題をテーマとした基金を立ち上げています。
「芸術のための遺贈基金」「東北『社会起業家』応援」「女性応援」など、テーマごとに個人・企業からの寄付を"結集"して、持続的に問題解決に取り組みます。

寄付者が独自にテーマや助成の仕組みを設定するオリジナル基金基金とは

「ライフワークとして活動を応援したい・恩返しをしたい」「会社として持続的な社会貢献をしたい」など、一人ひとりの"意志"を世代を越えて活かすために、個別に基金を構築します。寄付者のお名前を冠することができます。

オンライン寄付サイトの運営サイトはこちら

独自の審査基準によりスクリーニングし、先端的な社会問題に取り組む信頼のおける200 以上の活動プロジェクトを審査して掲載しています。関心のあるプロジェクトを選択し、誰でもインターネットで寄付を始められる、社会貢献の一歩を踏み出すことをサポートするオンライン寄付サイトです。

2 企業の社会貢献活動の支援

社会貢献活動の設計・実施支援、社員による募金制度の構築、CRM(商品の販売に連動した寄付)のコンサルティングを行っています。

3 社会的活動を行うNPO 等に対する研修事業

NPO 支援…寄付を最大限に活かすためのNPOのキャパシティビルディング

お預かりした寄付が最も効果的に社会創造に使われるように、活動を担うNPO等の組織力(マネジメント力や事業遂行力など)を高める研修やコンサルティングを行います。

4 調査研究、情報発信、政策提言に関する事業

社会問題の調査研究、NPO等の組織評価・事業評価

「今、社会で解決すべき問題は何か」「政策が行き届かない喫緊の課題は何か」を追究し、「そうした社会問題に果敢かつ真摯に取り組んでいるNPO はどこか」を調査し、「そのNPO は信頼に足る組織か」「プロジェクトは有効か」を厳正に評価します。
SROI(Social Return on Investment)などの手法を使い、寄付の成果評価を行います。
ページの上へ