HOME   > 基金の創設について  > 今ある基金を見る  > AED・地域あんしん基金
AED・地域あんしん基金

「AED・地域あんしん基金」では、2015年12月21日(月)キヤノンマーケティングジャパン株式会社様のご寄付により、宮城県女川町の「まちなか交流館」にAEDの寄贈を行いました。

寄贈にあたって贈呈式が行われ、「AED・地域あんしん基金」を運営する公益財団法人パブリックリソース財団理事の鷹野秀征より、女川町商工会の高橋正典会長にAEDが寄贈されました。 また、キヤノンマーケティングジャパン㈱仙台支店支店長 神崎猛様あてに感謝状が贈られました。

贈呈式の前週には、キヤノンマーケティングジャパン株式会社によるAED講習が開かれ、スタッフの皆さまが実際にAEDを使いながら、倒れた人がいた場合の対処方法やAEDの使い方などの救命講習を受講しました。
「多くの人が集まる場に設置し、安心・安全をサポートしたい。ぜひ今後とも定期的にAEDの使い方の講習を実施いただき、女川のまちづくりの一助としていただければ幸いです。」 (パブリックリソース財団理事 鷹野秀征)

まちなか交流館

東日本大震災被災地の宮城県女川町では、安全な高台へ住宅地を整備し、女川駅を中心とする「にぎわい拠点」へ公共施設や商業・観光施設などを集めたコンパクトな市街地形成を目指しています。

まちなか交流館は「居心地のよい、まちの居間となる、賑わい交流拠点」をコンセプトに、町民や来町者が気軽に立ち寄ることのできる施設です。開放感のあるロビーや多人数収容のホール、会議室・多目的室、ドラムセットを完備した本格的な音楽スタジオ、調理室、多目的室、キッズコーナー、商工会で構成され、各世代が気軽に訪れることができます。

住所 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-36
TEL/FAX 0225-24-6677

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

子どもたちの未来に美しく緑豊かな“ふるさと”を残すことを目指す環境保全プロジェクト「未来につながるふるさとプロジェクト」をCSR活動として行っています。活動の一環として、日本各地でNPO法人や地域住民の方と連携した環境保全活動や、「自然環境・生き物・農業」をテーマとした環境学習を実施するなど、事業活動を通じた社会課題の解決や、社会価値の提供に取り組んでいます。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-03/pr-furusato.html
住所;東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー

ページの上へ