HOME   > 基金の創設について  > 今ある基金を見る  > AED・健康スポーツ基金
AED・健康スポーツ基金

「AED・健康スポーツ基金」では、2016年8月3日(水)ラグビー日本代表五郎丸歩様のご寄付により、熊本県のラグビーチームにAEDの寄贈を行いました。

五郎丸選手は全ての人にスポーツを安全に楽しんで欲しいという趣旨から、スポーツシーンへのAED設置という同基金の活動に賛同し、ご寄付くださいました。特に熊本地震の被災地の子どもたちを元気づけたいという思いから寄贈先に熊本県を指定され、公募審査によって2つのジュニアチームが選ばれました。五郎丸選手には「AED・健康スポーツ基金」を運営する公益財団法人パブリックリソース財団の岸本幸子専務理事より、感謝状が贈られました。

寄贈式では、五郎丸選手が寄付者と知らずに参加した中学生のチームキャプテンが、AEDを直接受け取るという嬉しいサプライズもありました。

後日キヤノンマーケティングジャパン㈱によるAED講習会が開かれ、チーム関係者の皆さまが胸骨圧迫やAEDの使い方などの救命講習を受講しました。今回寄贈されたAEDはコンパクトで持運びやすい大きさのため、練習や大会に持参したいというお声が多く寄せられました。

熊本サンデーズR.F.C. ジュニア

九州トップクラブリーグ所属 熊本サンデーズラグビーフットボールクラブのジュニア部門として平成26年4月にスタートしました。通常練習のほかに、交流試合では九州の各県へ遠征も行っています。

活動地域 熊本県熊本市
主な活動拠点 熊本県民総合運動公園  

山鹿ラグビースクール「レッドフォーンズ」

平成25年4月熊本県山鹿でラクビースクールを開校しました。年間に4回ほど、他スクールとの合同練習会、タグラグビーフェスタなども実施しています。

活動地域 熊本県山鹿市および近隣町村
主な活動拠点 山鹿市菊池川河川敷湯ノ瀬川公園(山鹿大橋下)  

五郎丸 歩

2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦でトップリーグ新記録となる「1試合8PG」を記録。トップリーグ2012-2013シーズンは、得点王、ベストキッカーを2年連続で受賞。2014-2015シーズンはベストフィフティーンを受賞。2015-2016シーズンは5年連続5回目のベストフィフティーン、83得点で3季ぶり3度目の得点王、トップリーグ史上2人目となるリーグ通算1000得点で特別賞を受賞。トップリーグレギュラーシーズンの得点記録は、2015-2016シーズン終了時点で、1006点。日本代表のテストマッチ個人得点記録も史上最多を更新中。
現在ヤマハジュビロに所属。2016年より、フランスRCトゥーロンにてプレーすることが決定。

https://goro15.com/

ページの上へ