HOME   > 基金の創設について  > 今ある基金を見る  > ふくしま未来基金
福島の30年後を見据えた
まちづくりをめざす福島初の地域基金
~ふくしま未来基金~
パブリックリソース財団では、福島の篤志家及び地域貢献を目指す企業からの寄付をもとに、福島初となる地域基金として「ふくしま未来基金」を創設しました。

本基金は、福島が将来にわたり誰もが活き活きと生きていける地域となることに貢献するNPOや社会企業を支援することを目的に、「未来づくり助成」「まちづくり草の根助成」の二つの助成プログラムを運営しています。それぞれの助成制度のおよそ二分の一を福島市内の活動に、残りの二分の一は福島市以外の県内での活動に投入します。

本基金の運営にあたっては、パブリックリソース財団は、一般財団法人ふくしま未来研究会や一般社団法人ふくしま連携復興センターなど、複数の福島市内の中間支援組織や専門家と連携しながら、助成金交付による資金的支援を行うほか、必要に応じコンサルタント派遣などの経営支援を行います。

「ふくしま未来基金」の概要  2018年度公募について (公募は終了いたしました)

  <2018年度> 支援期間  2018年6月1日~2019年5月31日

助成名 支援内容 助成対象
未来づくり助成
募集要項
応募用紙
・300万円を上限とする助成金
・財務会計専門家派遣
・経営支援者派遣
 (上限50万円年)
・研修の実施
・原則として継続助成
将来にわたり活動を継続し、福島を支える中核団体となる可能性のある団体を対象とする。
法人格の有無を問わない。
まちづくり草の根助成
募集要項