HOME   > 基金の創設について  > 今ある基金を見る  > ふくしま未来基金
福島の30年後を見据えた
まちづくりをめざす福島初の地域基金
~ふくしま未来基金~
パブリックリソース財団では、福島の篤志家及び地域貢献を目指す企業からの寄付をもとに、福島初となる地域基金として「ふくしま未来基金」を創設しました。

本基金は、福島が将来にわたり誰もが活き活きと生きていける地域となることに貢献するNPOや社会企業を支援することを目的に、「未来づくり助成」「まちづくり草の根助成」の二つの助成プログラムを運営しています。それぞれの助成制度のおよそ二分の一を福島市内の活動に、残りの二分の一は福島市以外の県内での活動に投入します。

本基金の運営にあたっては、パブリックリソース財団は、一般財団法人ふくしま未来研究会や一般社団法人ふくしま連携復興センターなど、複数の福島市内の中間支援組織や専門家と連携しながら、助成金交付による資金的支援を行うほか、必要に応じコンサルタント派遣などの経営支援を行います。

「ふくしま未来基金」の概要

  <2017年度> 支援期間 2017年6月1日~2018年5月31日
助成名 助成金 助成対象
未来づくり助成
募集要項
応募用紙
1件300万円以内を原則とする 
原則として継続助成(2年)
■福島県内に所在する、または活動する団体
■法人格の有無や種類は問わないが、活動を長期的に継続する意欲のある団体
■NPO 法人、公益法人、社会福祉法人等の非営利団体、自治会・商店街振興会のような地縁団体だけでなく、株式会社の活動についても、その事業の主たる目的が社会課題の解決である場合には、支援対象に含みます(但し株式会社の場合は、助成対象事業については、区分会計と収支報告が義務となります)。
まちづくり草の根助成
募集要項
応募用紙
1件100万円以内 を原則とする
原則として、単年度助成
市民が自発的に活動する民間非営利団体。法人格の「有無」を問わない。草の根の団体やボランティア団体も対象とする。
   <2019年度>
支援期間 2019年6月1日~2020年5月31日
応募総数 50件
採択数 12件 (未来づくり助成継続3団体含む)
選考結果 詳細はこちらをご覧ください

<2019年度採択団体:未来づくり>  

団体名 プロジェクト名
特定非営利活動法人 いいざかサポーターズクラブ 体験アクティビティプログラムの拡充
特定非営利活動法人 いわき自立生活センター 「観福連携」によるバリアのない観光地福島づくり
合同会社 はまから 未来に向けた漁業の育成プロジェクト

<2019年度採択団体:まちづくり草の根>  

団体名 プロジェクト名
特定非営利活動法人 あさがお 「ともに手をつなぎ、自立へ」
特定非営利活動法人 0073(おおなみ) 福島市大波地区の笑顔の元製造プロジェクト
認定特定非営利活動法人 キャリア・デザイナーズ
生きづらさを感じているニート・ひきこもりの社会包摂プロジェクト

 特定非営利活動法人 しらかわ市民活動支援会

ふくしま「シニアの窓」(シニア世代向けのフリーペーパー情報誌)の発行
谷川社会福祉士事務所 東日本大震災・原発事故避難人の生活再建のための権利擁護促進事業(3年目)
特定非営利活動法人 ビーンズふくしま 福島Re:pizzaプロジェクト ~食品ロス削減を通した若者の社会参加~
福島大学災害ボランティアセンター 第7回 集まれ!!ふくしま子ども大使
ベルフォンテ 転入女性が暮らしやすい福島づくりプロジェクト
ポレポレ-ねうぼらふくしま- 親子のはじまりを支えるプロジェク
~地域でつながって、地域の中で子どもを育てよう~

<審査委員>

委員長 永倉 禮司 福島大学 学長参与
委   員 黒田 かをり 一般財団法人CSOネットワーク常務理事
委   員 鷹野 秀征 ソーシャルウィンドウ株式会社 代表取締役
一般社団法人新興事業創出機構(JEBDA) 理事長
委   員 中鉢 博之 NPO法人ビーンズふくしま 理事
委   員 紅邑 晶子 一般社団法人SDGsとうほく 代表理事

 <2018年度>
 <2017年度>
 <2016年度>
 <2015年度>

問い合わせ

公益財団法人パブリックリソース財団 (担当: 渡辺・岸本)
〒104-0043 中央区湊2-16-25 202
Phone : 03-5540-6256 Fax : 03-5540-1030 E-mail : こちら
基金へのご寄付等のお問い合わせはこちらまでどうぞ。
応募に関してのお問い合わせは、件名に「ふくしま未来基金質問(団体名)」とご明記の上、メールでお送りください。

ページの上へ