HOME   > 基金の創設について  > 今ある基金を見る  > 全国初“信用組合による社会貢献プラットフォーム”「魚沼の未来基金」
全国初“信用組合による社会貢献プラットフォーム”
「魚沼の未来基金」
~ひとり親家庭の高校生へ返済不要奨学金を支給~

魚沼の未来基金とは

 塩沢信用組合は、公益財団法人パブリックリソース財団と協働し、全国で初めてとなる“信用組合の組合員とともに創る基金”「魚沼の未来基金」を、2016年(平成28年)9月28日に創設しました。
 同組合は昨年から、地域密着型の金融機関として、地元の魚沼地域への社会貢献の方策を模索してきました。その中で、多くの寄付者の力を結集して活かすパブリックリソース財団の仕組みに出会ったことから、組合員からの寄付と信用組合のマッチング寄付をもとに「魚沼の未来基金」を設置し、「ひとり親家庭の高校生へ給付型奨学金」を実施する運びとなりました。
 これまでも信用組合が単独で奨学金を助成する社会貢献活動はありましたが、信用組合が組合員に呼びかけて寄付を募り共に地域に貢献するといった、金融機関が「社会貢献のプラットフォーム」を提供する取り組みは全国初です。
 また第三者の公益財団と協働し、基金を公益財団内におくことで、寄付者に税制優遇のメリットを提供すると同時に、寄付金使途に透明性をもたせている点でもユニークな取り組みです。
 これまでに、総代の発起、地域の皆様の賛同を得て、寄付を内諾していただいた数は152件に上り、目標額250万円を上回る398万円の寄付が集まりました。
 初年度は22名の高校生に返済不要の奨学金を支給し、故郷を愛する青年の成長を支援いたしました。
 
※塩沢信用組合
設立:昭和28年、理事長:小野澤一成、本部・支店所在地:新潟県南魚沼市、魚沼市、津南町、湯沢町、資金量:306億円、組合員数:11,656名、総代数:117名
特徴:塩沢信用組合は社会貢献に熱心な地域金融機関として実績があり、これまでも、東日本大震災被災地の支援、小学校、中学校、高校への金銭教育事業、地域活性化活動などを展開してきている。南魚沼市の牧之(ぼくし)通りの本店は伝統的な街並みに合わせた建築として、地元の人々や観光客にも親しまれている。

本基金の趣旨

 魚沼の未来基金は、魚沼地域の未来を切り拓く人材や団体を支援し、地域の誰もがいきいきと暮らせるふるさと魚沼を、将来にわたって継承・発展させることを目的として設立されました。
 この基金は、2016年9月に、140人を越える発起人と市長等からの賛同を得て、塩沢信用組合が責任を持って創設したものです。その管理運用は、内閣府認定の公益財団法人パブリックリソース財団が担当します。
 魚沼の未来基金は、魚沼地域の塩沢信用組合の組合員を中心とする住民や企業の皆様からのご寄付がもとになります。地域の多くの皆様からいただいた志あるご寄付を積み立てて、これを地域の未来を担う人材や団体に助成金として支給していきます。
 今回の「はばたき奨学金」は、ひとり親家庭の子女で、将来への夢を持ち、魚沼を愛する生徒の高校進学を支援しようとする給付型(返済不要型)の奨学金です。すでに、第一期(2017年度)の奨学金支給を行っており、今回で2年目の実施となります。

 今年度より、募集の区分が2018年度に高校1年生になる方と、2018年度に高校2・3年生になる方とで分かれています。それぞれ該当する方をクリックしてください。

2018年度に高校1年生になる方(現在中学3年生)

2018年度に高校2・3年生になる方

ページの上へ