NEWS&TOPICS

NPOのための研修会を開催します 11/2、11/9、11/16、12/14

NPOを運営したり、伴走支援する上で必要な知識やスキルについて、専門家の方々を招いて研修会を開催します。NPO運営や支援について本格的なスキルを身に付けたい方、将来的に休眠預金の実行団体の伴走支援を行いたい方など、この機会にぜひご参加ください。

場所はすべてHSB鉄砲洲 貸会議室(東京都中央区八丁堀駅)で行います。

 


 

『NPOのためのシステム思考』※終了しました

11月2日(土)10時~17時

講師:江口 潤 氏(チェンジ・エージェント マネジャー)

NPOのマネジメント支援では、問題の見えている部分を近視眼的・表層的にとらえるのではなく、全体像をさまざまな要素のつながりとして理解し、本質的な原因を見通す力が必要です。「システム思考」のアプローチを学ぶことで、NPOの組織運営上の問題だけでなく、社会に起きている問題が実はどのような要素のつながりで起こっているかを考えられるようになること、そしてNPOが真の解決策を創り出し、変化を加速するための支援ができるようになることを目指します。

受講料:5,500円(税込)

詳細はこちら

 


 

『NPOのためのロジックモデル』※終了しました

11月9日(土)10時~17時

講師:長浜 洋二 氏(モジョコンサルティング合同会社 代表)

行っている事業がどのように社会的な成果につながっているのか、あるいはつなげていこうとしているのかを明確にするためのロジックモデル。事業の成長に役立つロジックモデルの作成方法と、NPO自身が作成する際の支援方法を学びます。

受講料:5,500円(税込)

お申し込みはこちら

 


 

『NPO支援者のためのメタファシリテーション』(2日間) ※終了しました

【ステップ1:“事実質問”の基本】

2019年11月16日(土)10時~16時

【ステップ2:課題分析のための、“事実質問”の組み立て】

2019年12月14日(日)10時~16時

講師:宮下 和佳 氏(NPO法人ムラのミライ 専務理事)

NPOの伴走支援をする際には、ヒアリングを通して支援者がいかにNPOの現状を把握できるか、それと共にNPOが自ら解決策に気づいて行けるかが、その後の組織基盤強化に向けての大切なポイントになります。それを可能にするような「問い」の投げかけ方の基礎を、実践を交えながら学びます。

※ステップ2はステップ1を受講したか、今までにムラのミライ主催講座でステップ1を受講したことのある方が受講可能です。課題分析のための「問い」の投げかけ方を学びます。

受講料:各回 5,500円(税込)

※ステップ1・2を両方受けられる方は20%オフ(8,800円)となります

 

申し込みはこちら

ページの上へ
© Copyright 公益財団法人パブリックリソース財団
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • HOME