あい基金について

Our Mission:

女性と全ての人の人権が尊重され、平等に機会をもち、その能力を存分に発揮される社会をめざし、女性をはじめとする多様な市民、企業から資源を調達し、女性が中心となって進める様々な活動を支援します。

Our Focus:

女性の経済的な自立の実現に着目し、育児や介護、障がいなど様々な事情を抱えながら働き続けることのできる就業の場づくりに焦点をあてます。女性の潜在的な力を発揮できる身近な取り組み、新しい視点をもった取り組みを取り上げ、育み、応援し、広めていきます。

あい基金とは:

あい基金は、企業、行政、大学、NPOなど多様な場で働く女性や、企業が立場を越えて協力する、日本初の、女性のための基金です。豊かになったはずの日本に立ちはだかる女性の貧困問題は、非正規雇用やシングルマザー、親の介護などに起因し、負の連鎖が次の世代に及ぶことで将来の経済不安に繋がる深刻な社会リスクをはらんでいます。あい基金は、寄せられた寄付をもとに、女性の経済的自立の実現に取り組むNPOや社会的企業を資金提供や経営ノウハウ支援などを通じ支援していきます。

あい基金とは

基金の特徴

  • 女性が女性を支援する「恩送り」の仕組み
    これまで職場、家庭、行政、学校など様々な場面で社会を支えてきた女性が、人生を通じて得た知見や資産を、経済的な自立など女性が抱える課題の解決や次の世代にチャレンジできる機会をつくるなどに投じることで、世代を越えて伝えていく「恩送り」の仕組みです。
  • コレクティブ・フィランソロピー
    女性の社会課題解決に関心をもつ市民や企業がもつ資源(資金、物品、ノウハウ、ネットワーク等)を持ち寄り、集中して戦略的に投資することによって、未来を切り拓く「コレクティブ・フィランソロピー」です。
  • 成果重視の伴走型助成
    支援先が継続的な事業を展開し、社会的成果を生むように、資金(助成金)の提供にとどまらず、マネジメントやマーケティング等の経営・技術支援もあわせて実施し、女性の社会課題解決に取り組む活動の人材育成、組織基盤強化の応援をします。
  • 女性支援のネットワーク
    女性のエンパワーメントに関心をもつ市民・企業が集い、ネットワークの構築やベストプラクティスの共有などができる場をつくります。

事業計画

あい基金創設初年度は、2016年3月までに450万円の寄付を調達し、2016年度において300万円の助成プログラム実施を予定しています。その後5年度目の2019年度で、個人寄付500万円、企業寄付1000万円を毎年安定的に確保し、年間助成額1200万円となることを目標とします。


あい基金に寄せられたご寄付は、助成金の提供のほか、活動団体に対するマネジメント、マーケティング等の経営・技術支援を行なう原資として使わせていただきます。

あい基金のブランディング

同じ方向を見る複数の女性の横顔は、女性同士が希望に向かって助け合う姿を表し、伸びゆく若葉は明るい未来を象徴しています。オレンジ色は熱い情熱や力強さを表現しています。

あい基金のシンボルデザイン開発ならびにブランディングは、株式会社コトヴィアによる特別支援によるものです。

ページの上へ