大震災で被害を受けた皆様にお見舞い申し上げます

 このたびの東北関東大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族やご友人の皆様には心からお悔やみを申し上げます。また、被災者の救援や復旧に携わられていらっしゃる皆様に衷心より敬意を表します。

 日を追うにつれ、未曾有の災害の現状が明らかになりつつあります。これだけの命が奪われ、生活が失われ、今も多くの方たちが危機にさらされていることを思うとき、悲しみに耐えません。

 しかし今、日本の人々のみならず、世界の人たちが、自分たちに何ができるのか、と自らに問い掛け、そして行動を始めています。一日も早く、被災された皆様が希望と健康を取り戻し、新たな生活の再建に向けての一歩を踏み出せるように、少しでもお力になりたい、そうした思いと実践の輪が広がっています。

 私たちパブリックリソースセンターは、そうした人々の思いを伝え、行動の受け皿となりたいと決意を新たにしています。私たちが築いてきた、信頼の寄付の仕組み"Give One"(ギブワン)を活用し、日本の、世界の、ひとりひとりの何かしたいという思いのつまった寄付を、現地で直接被災者の方の救援にあたっているNPO/NGOに確実に届けてまいりたいと思います。

 生命を支えるために、NPOをこの日本社会に根付かせたいと願ってきた一人として、改めてその原点を見据えたいと思います。そして、人が人の生命を支える社会をめざし、NPOとして私たちのできることに全力で取り組む所存です。

 皆様の心に希望の灯が点り、勇気をもって再起の道を歩まれることを、心より祈念しております。

 

特定非営利活動法人 パブリックリソースセンター
代表理事 久住 剛