申込み受付中【仮設住宅の暮らしで何が求められているか】変化する被災地ニーズと企業の役割

2011 06 13

----------------------------------------------------------------
東日本大震災 復興支援セミナー(2):変化する被災地ニーズと企業の役割
~被災地での暮らしにおける具体的ニーズへの対応~
■6月27日(月)14:00~17:30(開場:13:30 場所:日本財団2F会議室)
----------------------------------------------------------------
<開催趣旨>
東日本大震災より早3カ月が経ちました。大震災により被災されました皆様に
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を切に願っております。

本セミナーは、これまで様々な立場でCSRの推進に取り組んできた団体、企業が企画し、

4月19日に『現場NGOの報告と企業の役割~「いま」と「これから」~』と題して、第
1回目を開催いたしました。

緊急支援後、多くの企業が長期的復興に向けた支援を継続して行うことを決めていま
すが、具体的に何をするか検討中という声が聞かれます。

そこで、第2回目以降は、被災地の状況が復旧から生活再建、復興へと変化していく
中で、企業とNPO/NGOが中長期的な復興から、さらにその後のサステナブルな社会創り
に向けて何ができるかを、具体的課題に焦点を当ててディスカッションしていきたい
と考えています。

今回は、NPOによる被災地ニーズアセスメント調査をもとに、「被災地での暮らしにおける具体的ニーズへの対応」をテーマとし、多様なステークホルダーの連携による、具体的プロジェクトにつなげていくきっかけとしたいと思います。
ぜひご参集くださいますよう、お願い申し上げます。


【お申し込み・問い合わせ】
お申し込みは、「お名前、ご所属、ご連絡先」を明記の上、6月24日(金)までに下
記までメールまたはFAXにてお送りください。参加証等は発行しません。定員の都
合でお申し込みをお受けできない場合のみ、ご連絡申し上げます。

特定非営利活動法人パブリックリソースセンター 担当:田中知子
e-mail: center@public.or.jp
Tel : 03-5540-6256
Fax : 03-5540-1030

【プログラム】

『東日本大震災 復興支援セミナー(2):変化する被災地ニーズと企業の役割
 ~被災地での暮らしにおける具体的ニーズへの対応~』

■日時: 2011年6月27日(月)14:00~17:30(開場:13:30)
■会場: 日本財団ビル 大会議室(2F)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
■対象: 経営者、CSR担当者、被災地支援に関わる事業部門社員、NPO/NGO職員
■定員: 100名
■参加費: 3,000円(当日申し受けます)
 全額をスピーカーとして登壇するNPO(つなプロ)への活動支援金として寄付します。



■主催: 公益財団法人日本財団、株式会社創コンサルティング、
     特定非営利活動法人パブリックリソースセンター
■共催: 株式会社シータス&ゼネラルプレス、株式会社イースクエア、
     CSR Asia東京事務所

■プログラム:
14:00~14:10    主催者あいさつ 
                       パブリックリソースセンター事務局長 岸本幸子

<第一部>       被災地での暮らしにおけるニーズと企業の役割
14:10~14:50   被災地ニーズアセスメント結果報告
           日本財団(ROADプロジェクト) 町井則雄氏
             ・避難所~仮設住宅のニーズ変化
             ・仮設住宅の暮らしにおけるニーズと課題(現段階~今後)

14:50~15:20   被災地での暮らしにおける企業の役割
             (阪神淡路大震災の経験を踏まえて)
           積水ハウス株式会社 コーポレートコミュニケーション部 CSR室
           広瀬雄樹氏

15:20~15:30 休憩(10分)

<第二部>ディスカッション:具体的ニーズに対して企業ができることは何か?
15:30~15:45  全体討議(頭だし) 仮設住宅の暮らしにおいて企業に求められること
            ファシリテータ:創コンサルティング代表 海野みづえ氏

15:45~16:45   3テーマに分かれてディスカッション
                     1)住む(ファシリティ、日用品、食など)
                     2)コミュニティづくり、仕事づくり(自治会支援、集う、交わる、事業化など)
                     3)健康(身体、メンタル両面)
                   *各テーマとも3つの方向性から議論します。
                       ・本業で関わる(事業、物品、社員、ノウハウ等の無償提供等)
                      ・寄付(CRM等)
                      ・社員ボランティア

16:45~17:15     各グループの発表とアドバイス
               ・日本財団(ROADプロジェクト)町井則雄 氏
                ・ダイバーシティ研究所・つなプロ 田村太郎氏

17:15~17:30      今後の展開について
                ・パブリックリソースセンター 岸本幸子 

一覧に戻る