top of page
[ 基金概要 ]※公開時削除

経済的に困難な状況下にいる子ども達の「体験の格差」に対して"感動体験"を提供し、子ども達が自らの人生を自分自身で切り拓く力を得て、将来的な貧困状態の解消と世代間連鎖を断ち切ることを支援します。

f0166
感動体験支援基金

現在公募中

あらゆる子どもに、きっかけになる、感動体験をつくる。

基金の背景

 どんな環境にある子どもにも、可能性や能力が最大限に育まれる社会を作ることが大人世代の使命です。しかし現実には、日本における子どもの貧困は深刻化しており、9人に1人(※1)の子どもが経済的に困難な状況で暮らしているといわれています。「子どもの貧困」を取り巻く問題は多数指摘されており、読み書き等の基礎学力を身につける学習機会だけでなく、体験機会の差もその一つです。子どもたちは、さまざまな体験を通じて、自己肯定感、創造性、好奇心や自立心などの非認知能力を育みますが、経済的に困難な状況にいる子どもたちにおいては、十分な体験機会が得られません。その結果、非認知能力が育ちにくい可能性があり、将来的には、自身のキャリアを描きづらく、考えにくい状況があると言えます。

 

 「感動体験支援基金」は、2022年3月に平井一夫氏により弊財団に創設されました。
本基金は経済的に困難、またはさまざまな課題に直面する子どもたちに”感動体験”を支援提供することによって、将来的に子どもたちがさまざまな生き方・働き方を知り、自らの人生を自分自身で切り開く力を体得し、将来的な貧困状態の解消と世代連鎖を断ち切ることを支援するものです。また、今年度は令和6年能登半島地震で被災した子どもの体験活動の支援を行うNPOへの支援も行います。
なお、本基金の運営は平井氏が代表理事を務める一般社団法人プロジェクト希望と連携し、実施します。

※1 17歳以下の子どもの相対的貧困率は11.5% (厚生労働省 「2022年 国民生活基礎調査」より)

 

本助成プログラムにおける"感動体験"について

 子どもへの希望となり、原動力となるような体験を「感動体験」と呼んでいます。IQテストなどでは数値化できない内面的な能力、いわゆる非認知能力を向上させたり、新しいロールモデルや今まで知らなかった世界との出会いによって未来や自分自身の考えを深めたりすることで、自らの人生を自分自身で切り拓く力を育めるような体験と定義しています。

 

基金創設者・平井一夫からのメッセージ

 子どもにとっての感動体験には、すごいパワーがあります。感動体験は将来「これがしたい」「こうなりたい」という希望を持つきっかけになります。私自身にとっても、感動体験の積み重ねが自分のキャリアの礎となり、自分の人生をユニークなものにしてくれたように、ひとりでも多くの子どもに、きっかけになる、感動体験を提供していきたいと思います。皆さまのユニークな体験のご提案を期待しています。

外部リンク

一般社団法人プロジェクト希望 サイト

波紋.png
基金創設者・平井一夫
基金創設者・平井一夫
基金創設者・平井一夫

支援内容

支援対象

  • NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とします

 ※法人格の有無は問いません(任意団体も可)

 ※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます

  • 助成金は、経済的に困難な状況下にある子どもに対する"感動体験"の提供にかかる費用を対象とします
  • 能登半島地震で被災した子どもたちの支援については、経済的に困難な状況下にある子どもに限定いたしません。被災した子どもたちに対する”感動体験”を提供する事業を対象とします
  • 本基金では“感動体験”を下記3つの視点で判断をしています。下記3つのいずれにも当てはまらないものについては支援の対象外となります

1. 絆を深める感動体験 保護者や周囲の大人、友人と共通の体験や思い出を作る機会

2. 興味関心に気付く感動体験 将来の進路やキャリアを考えるきっかけづくり

3. 世界観が変わる感動体験 今まで体験したことがない圧倒的な体験

  • 本年度は2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震について、その被災地の子どもたちの体験の格差に着目し、被災地(主に石川県を中心として)の子どもたちに“感動体験”を提供する事業も助成対象となります。現地で活動を行う団体からのご応募をお待ちしています

※ 特別枠を設けるということではなく、他地域からの事業と同一に審査を行います

  • 本基金では、応募団体がメインに捉える受益者が国内の18歳までの子どもを対象としていることを想定しています。また、日本社会におけるマイノリティーとしての背景のある子どもたちへの支援も歓迎します

 

支援内容 

  • 1件あたり150万円を上限とする助成金支援(申請内容によって、申請金額を査定させていただく可能性があります)
  • 単年度の助成
  • 平井一夫氏とのコラボレーション企画の実施支援

 ※「平井一夫氏とのコラボレーション企画について、今までの実績としては子どもたちへのキャリア教育につながる講演、

  団体の周年イベントへの登壇等を行いました。詳細につきましては、採択決定後にお話を進めさせていただきます。

  また、実施内容については、助成対象団体の申請事業や受益者の性質に合わせて実施内容・方法・時期等をご相談させて

  いただきます。 なお、コラボレーション企画については、今回の申請事業に含める必要はありません。

  • 助成対象期間:2024年10月~2025年9月末
  • 支援団体数:5団体程度

※詳細は、募集要項をご覧ください

応募情報

◯ 応募期間

2024年7月8日(月)~2024年8月7日(水) 17:00

※ 公募は終了しました。

◯ 応募方法

①募集要項をご確認ください
②下記「オンライン申請フォーム」ボタンよりリンク先に移動し、案内に沿って必要事項の入力をお願いします
③提出書類は、アップロードしてください
※提出書類は、同サイト上の「入力項目一覧」にてご確認の上、オンライン申請フォームよりアップロードしてください
※メールや郵送での応募は受付対象外となります。必ずオンライン申請フォームよりご応募ください

◯ ダウンロード
1
)
募集要項
pdf.png
pdf
2
)
事業費収支内訳テンプレート
pdf.png
excel
3
)
入力項目一覧(ご参考)
pdf.png
excel

お問い合せ

◯ 基金に関するお問い合せ

応募に関してのお問い合せは、以下のお問い合せフォームからお問い合せください。

お問い合わせは2024年8⽉7⽇10:00までの受付となります

※ 個人情報の取り扱いについては、パブリックリソース財団の個人情報保護方針を御覧ください。

活動報告

ブログタイトル(活動報告)

​更新日

選考結果

ブログタイトル(選考結果)

​更新日

基金に寄付する (1).png
bottom of page