「日本興亜おもいやりプログラム」2010年度助成先を公募します(応募期間:9月13日~10月12日)

2010 08 31

日本興亜損害保険株式会社(社長:兵頭 誠)は、「日本興亜おもいやり倶楽部」(*1)を通じて、「日本興亜おもいやりプログラム」の2010年度助成対象団体を、913日から公募します。

1「日本興亜おもいやり倶楽部」

日本興亜保険グループの役職員有志を会員とするマッチングギフト制度であり、1996年に発足しました。会員が毎月の給与から拠出した基金をもとに団体等に寄付をする際、会社も同額を拠出し、両者一体となった社会貢献活動を行っています。

「日本興亜おもいやりプログラム」は、NPOを中心とする民間非営利団体の活動への自立支援を通じて、非営利セクターの発展とともに健全な社会の発展に貢献することを目的としています。

同プログラムは2005年より通算で、26団体に計1,300万円の支援を行ってまいりました。本年度は、初めて公募による助成を行うことになりました。

日本興亜保険グループは、社会の継続的な発展に貢献するために、非営利団体の自立を支援することが重要であると考えています。支援は一過性・一方的に終わるのではなく、支援先と協働を図りながら、日本興亜保険グループも社会とともに良くなっていきたいと考えています。そのために、NPO支援の専門組織である特定非営利活動法人パブリックリソースセンターとの協働のもと、同プログラムを実施しています。

助成の対象となる団体は、「環境」「教育」「女性」の3分野のいずれかで先駆的な活動を行うNPOです。団体の自立・自稼動を支援するための資金として、総額300万円を助成する予定です。

 

「日本興亜おもいやりプログラム」2010年度助成の概要 

■ 助成の対象団体

・下記の3分野のいずれかで先駆的な活動をしており、かつ団体の自立・自稼動への高い意識を有する組織、あるいは、3分野のいずれかの活動を行う団体の自立・自稼働を支援する中間支援組織

1)環境 

・生物多様性の維持、森林保全等、地球温暖化防止、環境保全に貢献する活動・研究

2)教育

・教育分野における課題の解決を目指した活動、先駆的、独創的な活動・研究

・既存の制度では支援、実施が困難な青少年に対する教育を目指した活動・研究

3)女性

・女性に関わる社会的課題の解決を目指した活動・研究

・女性の社会参画に関わる先駆的、独創的な活動・研究

 

■助成対象プロジェクト

・団体の自立・自稼働につながるプロジェクト

・今後2~3年の目標を実現するための、団体運営上の課題を解決するためのプロジェクト

(例)自主財源の獲得につながるような新規事業の開発、人材の育成、広報ツールの作成、ファンドレイジング(資金調達)体制の強化 等

 

■助成額と使途

・一団体あたり助成額:50万円。ただし、審査により変更される場合があります。

・助成額総額:300万円

・助成金の使途に制限は設けません。団体の自立や組織基盤の強化につながる、人件費、家賃、設備費、研修費、講師謝金などを助成します。

 

■助成対象事業期間

201121日(火)から2012131日(火)までの1年間

 

■応募受付期間

2010913日(月)から20101012日(火)まで

 

■募集に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人パブリックリソースセンター 担当:田口

電話:03-5540-6256 メール:center@public.or.jp

ホームページ:http://www.public.or.jp

 

詳細につきましては、「応募要項」をご参照ください。

■応募要項 Omoiyari_2010.pdf(PDF)

■申請用紙 Application2010(Omoiyari).doc(Word)

 

*ダウンロードができない場合は、パブリックリソースセンター(担当:田口)までご連絡ください。

一覧に戻る