『フヨウサキナ:東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト』を募集します

2013 02 01

********************************************************************************

『フヨウサキナ:東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト』の募集について
                      
フヨウサキナ株式会社
公益財団法人パブリックリソース財団
********************************************************************************
 
フヨウサキナ株式会社(代表取締役社長:奥村久雄、以下「フヨウサキナ」)と公益財団法人パブリックリソース財団(理事長:久住剛)は、『フヨウサキナ:東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト』を創設し、東日本大震災の被災地の未来を切り拓くプロジェクトの支援に取り組むことにいたしましたので、お知らせします。
本プロジェクトは、フヨウサキナが実施した被災地支援のチャリティバザー等の売上げ等をもとに実施するものです。フヨウサキナは採択されたプロジェクトへの資金の提供に加え、社員ボランティアによるエステ・サービスの提供など、本業を活かしたサポートを行います。またパブリックリソース財団は助成金の審査、事業報告を担います。

■『フヨウサキナ:東北の未来をつくる女性と子ども応援プロジェクト』の概要

 【目的】
 東日本大震災で被災した女性や子どもたちが、いきいきと生活し自らの力を十全に活かして活躍できるよう、一人ひとりを応援したり、コミュニティの環境を整備するNPO法人等による活動を支援します。もって、被災地の再建と東北発の新たな社会づくりに寄与することを目指します。

【支援対象】
*東日本大震災被災地とは、主に岩手県、宮城県、福島県及び被災者の居住する地域を想定しています。
*子ども:中高生までの青少年を含み、幅広く想定しています。
*NPO法人等:社会的な目的のために活動する非営利団体を指しています。特に法人格の有無や種類は問いません。

【支援期間】
  2013年4月~2014年3月
【支援内容】
 (1) 助成総額: 1500万円程度
 (2) 1件当たりの助成額の目安: 300~600万円
 (3) 採択予定件数: 3件程度
 (4) 助成金の使途: 活動に必要な経費(使途に制限はありません)

【選考方法】
(1)選考委員会を設置し、応募書類に基づき、選考します。
(2)選考委員会に先立ち、必要に応じ、事務局による電話、メール等によるヒアリングをさせていただく場合があります。
(3)選考結果は3月末日に書面でお知らせします。

【選考基準】
(1) 被災者や被災地のニーズに沿ったものであること。
(2) 事業の対象となる女性や子どもが、自分自身で問題や課題を解決していくことができる力を獲得する・向上させることを支援するものであること。
(3) 事業期間内に達成すべき目標が明確で、実現可能な体制や方法をもっていること。

【募集期間】
 2013年2月1日(金)~2月20日(水)

【応募方法】
応募書類を、2013年2月20日(水)までに下記までE-メール添付でご送付ください。

公益財団法人パブリックリソース財団内
フヨウサキナ『東北の未来をつくる女性と子どもを応援プロジェクト』係
E-mail:  center@public.or.jp

【応募書類】
以下の項目を、A4版(片面)4ページ以内にご記入ください。様式は自由です。
その他、 必要に応じて説明資料を添付いただくことができます。説明資料はA4版(片面)3ページ以内にまとめてください。

① 団体概要
    1. 団体名
    2. 所在地
    3. 団体URL
    4. 本プロジェクトに関する連絡担当者名
    5. 電話
    6. E-mail
② 事業名  
③ 事業期間     年  月  日 ~    年  月  日
④ 事業に要する総予算      円
      収入について、本助成金以外の収入予定があれば、それも記載してください。
      支出について、それぞれ主な支出項目と金額を記載ください。
⑤ 寄付金の資金使途
      主な支出費目と金額を記載ください。
      前項の全体の一部なのか、ある費目に主に充当させるか、使途の方針がわかる
      ようにご記述ください。
⑥ 事業目的(事業全体として目指す成果)  
⑦ 事業概要(想定される対象地域名を必ずいれてください)
      主たる事業対象者、目標とする総人数などについても記載をお願いします。
⑧ 事業実施体制(活動拠点や人員配置、協力機関名等について)
⑨ 振込口座
⑩ その他留意事項があれば、ご自由に記述ください。

【助成のプロセス】
(1) 助成対象となった場合には、応募団体はパブリックリソース財団と所定の手続きを経て助成を開始します。
(2) 助成金は原則として2013年4月末日までに、団体名義の銀行口座に支払います。
(3) 報告義務
  ① 中間報告 
  ② 完了報告 
  ③ 中間インタビューへの協力
(4) その他
  ① フヨウサキナの社員ボランティアとの協働イベントの実施にご協力いただくことがあります。
  ② フヨウサキナの社会貢献活動に関する広報活動にご協力いただくことがあります。

                                                       以上

 

一覧に戻る