[ 基金概要 ]※公開時削除

渡邉利三国際奨学基金は、難民の背景を持つ若者の大学進学を支援するため、渡邉利三氏の寄付をもとに、公益財団法人パブリックリソース財団内に設立されたものです。

f0167
渡邉利三国際奨学基金

公募期間外

難民の背景を持つ若者の日本国内の大学進学を支援します

 

本基金は、難民となる困難な経験を経ても、学びを続け、将来社会に貢献しようと努力する若者達の支援を目的にしています。その中でも特に、従来日本で奨学金応募の機会が限られていた、期間限定の在留資格の人々を対象にしており、進学と就職を経て、将来安心して日本社会で暮らし、活躍できるよう支援します。

 

本基金の運営には、難民の状況となった人々に、日本で高等・専門教育を受ける機会を作り、提供する活動を行っている一般財団法人パスウェイズ・ジャパンが協働して取り組みます。

 

なお、本奨学金は単年度の奨学金です。奨学金受領後も、2023年度以降の進級に際して奨学金を希望する場合は、一般財団法人パスウェイズ・ジャパンが2022年度新たに募集予定の「渡邉利三国際奨学金プログラム」に改めて応募の必要があります。

 

 

※お詫び※

1月1日~1月5日午前中まで弊財団サーバーのシステム障害により、本サイトへのアクセスや問い合わせ等ができない状況となり、ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

システムトラブルの発生に伴い、応募締切を1月11日(火)17時まで(問い合わせは、11日(火)10時まで)延長させて頂きます。

 

なお、既にシステムは復旧しております。また、応募申請フォームはシステム障害発生期間も正常に運用されており、既に登録頂いている応募情報に影響は発生しておりません。

応募申請登録が完了されましたら、完了メールを自動配信しております。もし受信されていない場合には、申請登録が完了していない可能性がありますので、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

 

外部リンク

波紋.png

支援内容

■奨学金給付内容

 

(1)学費

年額170万円以内(施設管理・維持費、実験実習費等その他教育機関が必要とする経費については、経済状況に応じて個別に支給を決定します。)

※応募時点の経済状況や他の奨学金等の受給状況を考慮の上、支給額を決定します。

 

(2)規定に基づく生活費補助

学部1-2年:月額最大7万円

学部3年:月額最大6万円

学部4年及び大学院:月額最大5万円

※応募時点の経済状況や他の奨学金等の受給状況を考慮の上、支給額を決定します。

 

※給付型奨学金のため返済は不要。

※他の奨学金との併用:併用可。また、他の奨学金等の獲得の努力を奨励、評価します。

 

応募情報

◯ 応募期間

応募受付期間:2021年12月6日(月)-1月11日(火)17時締切

 

※弊財団サーバーシステムトラブルが発生したため、締め切りを11日(火)17時まで延長させて頂きます。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。

 

※ 公募は終了しました。

◯ 応募方法

本サイト下部より応募要項をダウンロードし、ご覧いただいた上で、「渡邉利三国際奨学基金」専用の応募フォームより必要事項を記入し、次の1)〜7)の書類のデータをアップロードの上、提出してください。
※メールでの応募は受付対象外となります。必ず専用応募フォームからご応募ください。

1)~6)は必須提出書類、7)は任意提出書類となります。

1) 応募用紙 ★必須★
※本サイト下部より所定の応募用紙をダウンロードし、記入済のデータを、「渡邉利三国際奨学基金」専用の応募フォームよりアップロードして提出してください。

2) 難民の背景を持つことを証明・説明する書類(国外での難民・国際保護等認定証明書、補完的受け入れプログラム支援対象者証明書類、支援団体による事情説明書類など)★必須★

3) 最終学歴成績証明書(高卒、高卒見込み、大卒、大卒見込み、またはそれに準ずる状況を証明できるもの)★必須★

4) ①学部進学希望の場合:EJU成績証明、②学部英語入試及び大学院希望の場合: TOEFLかIELTSのスコア証明及びJLPT等日本語の資格証明(JLPT N3以上または同等の資格) ★必須★

5) 家計が困難な経済的状況であることを説明する書類(源泉徴収票・給与明細など)★必須★

6) 推薦状(1-2通)(教員、支援者、支援団体等、応募者をよく知る個人や団体による推薦)★必須★

7)  その他参考となる書類(任意)

※応募書類は、奨学生採用となった場合には追って、原本を提出してもらいます。
※また応募書類は原則返却いたしません。
※財団の個人情報保護規定に基づき適切に管理・処分します。

◯ ダウンロード
1
)
応募要項
pdf.png
pdf
2
)
応募用紙
pdf.png
word

お問い合せ

◯ 基金に関するお問い合せ

応募に関してのお問い合せは、以下のお問い合せフォームからお問い合せください。

お問い合わせは、1月11日(火)午前10時まで、下記お問い合わせフォームにて受付

※ 個人情報の取り扱いについては、パブリックリソース財団の個人情報保護方針を御覧ください。

■応募資格

 

次の各項のすべてに該当する人。

  • 難民の背景を持っている人で、定住の在留資格を持っておらず、留学、特定活動、技術・人文知識・国際業務等の在留資格で日本に暮らしている人。

 (以下のいずれかに該当する人)

  ・外国政府または日本国外のUNHCRによって、難民として認定されるか、国際保護の対象となっていた人

  ・補完的受け入れプログラムを通じて日本に受け入れられた人

  ・紛争や政変等で祖国への帰国が困難となっている人

 

  • 外国もしくは日本において学校教育における12 年の課程を修了した人、または入学しようとする年の 3 月までに修了見込みの人、またはこれらと同等以上の資格があると奨学生選考委員会が認めた人

 

  • 経済的な理由等によって日本で高等教育への修学が困難な人

 

  • 高等教育を受け、卒業後就職するのに必要な日本語とその他の語学力を持っており、その証明となる試験のスコアを提出可能な者

  ・日本語での学部受験:日本留学試験(EJU)または日本語能力検定試験(JLPT)の受験必要科目

  ・英語での学部受験:必要な英語力を証明する試験と(JLPT) N3以上(または同等の資格)

  ・大学院受験:必要な英語力を証明する試験とJLPT N3以上(または同等の資格)

  • 本奨学金の奨学生採用の前後を問わず、大学または大学院に合格した者

 

 

■募集スケジュール(予定)

 

応募受付期間:2021年12月6日(月)-1月11日(火)17時締切

面接審査:2022年1月下旬(書類審査通過者のみ)⇒ 1月30日(日)午後に東京都内にて予定しています。

最終決定通知:2022年2月4日頃

奨学金給付開始時期:2022年4月以降

※但し大学への学費支払いがそれ以前の場合は応相談。

活動報告

ブログタイトル(活動報告)

​更新日

選考結果

ブログタイトル(選考結果)

​更新日

基金に寄付する (1).png